キャラの人柄が垣間見える「部屋」。

白時ゼロでは既に「誰かの部屋」が数パターン出ていますが、
そのうち1つの素材集から出るものを紹介しておきます。

この記事の画像にある部屋素材は全て「ウエストサイド著作権フリー背景素材集」からです。
「お楽しみCDコレクション」の方にも「部屋・洋館」としてまとめられています。

3話柊部屋
柊の部屋は追いついたベージュのカーテンで、物が少なめの部屋です。
しかしこの部屋自体が柊にとって借り物のため、
彼が単に気にしていないだけとも言います。彼の本当の部屋はまたいずれ…(笑)。

2話華菜の部屋
これは華菜の自分の時代の部屋
ベッドが見切れている素材ですが、そこは配置でフォローです。

また、部屋素材は基本的に掛け布団が掛けられてしまっているのが弱点なのですが
「ベッドで寝る」シーンでも無い限りは意外と困りません。
薄い掛け布団であればそのまま座らせても構いませんし
分厚ければ「その人物の部屋である」ことだけアピールするというのもありと思います。

6話空山部屋
これは基地の居住区の空山の部屋
結構散らかっている素材なので採用。
最早ベッド云々と言えないレベルですが、空山っぽいという理由でこの部屋に。

間取りは柊の部屋、華菜の部屋と同じで、部屋の中のものがバージョン違いです。
ちょっと物足りないといえば物足りないのですが、
ベッドのエリアが意外と広めなのと、
色々な人物の部屋を演出できる点がポイントの高い素材です。

出てくるキャラの部屋がどれも同じ色合いの部屋だと、まるで学生寮ですしね。

ちなみに、原作白時(デジタルノベル)と違って各キャラの部屋に個性があるのは
SF背景の部屋では演出に無理があるのと、
ここ数年で「生活空間でリラックスすることの重要性」がニュースで取り上げられるようになったので
きっと進んだ科学なら部屋の傾向ぐらい自由に選べるようになっているだろう…という考えからでした。

現代の華菜の部屋は、原作白時と同じ部屋です。

著作権フリー背景素材集 16 部屋 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。